上野とき子の街かどスケッチ

アクセスカウンタ

zoom RSS ご近所も被害大、関空再開のめどなし

<<   作成日時 : 2018/09/05 22:32   >>

トラックバック 0 / コメント 0

台風21号は大きな被害を残しました。朝ご近所を回りましたが、ごみがいっぱいだされています。

辻々で、瓦が落ちたり、駐車上に止めていた車に横の高層マンションの最上階からベランダの付属品が落下し、フロントガラスはメチャクチャに割れ、後部も落下物にあたって使えなくなっていたり、ベランダの波板が風でどこかへ飛ばされたり、植木が折れて危ない、などなど大変なことなっていました。

相談を何件か受けました。個人的な問題では、天災で補償責任がないといっても、微妙な問題もあります。

関空は高潮による浸水で閉鎖されていますが、なんと3000人が一夜を明かし、その救助が始まりました。
大阪湾に浮かぶ関空は2本の滑走路のうち、A滑走路全域とターミナルビルの地下が浸水。利用再開の目途がたちません。連絡橋も通行止め。

電気もなくクーラーもない、食料も不十分な暗闇のビルの中で、忍耐強く救助を待ったみなさん「お疲れさま」。
大変だったことでしょう。悪条件が重なったとはいえ、根本的な安全への確認が求められます

画像
                          (共同通信

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ご近所も被害大、関空再開のめどなし 上野とき子の街かどスケッチ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる