アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
上野とき子の街かどスケッチ
ブログ紹介
元大阪市会議員上野とき子のブログをのぞいていただいいている皆さんありがとうございます。あっという間に過ぎ去っていく日々を大切に愛おしみ、新しい時代の到来のために力いっぱい生きぬいていきたいと思います。
 日常的には、くらしの相談のため事務所を開けていますのでお気軽にお立ち寄り、またお電話ください。
日本共産党都島生活相談所06-6925-2253
zoom RSS

生活相談所がリニューアル

2018/11/18 20:24
都島中通1丁目にある日本共産党生活相談所がリニューアルされました。
みなさんから「きれいになったね」と喜んでもらいました。入りやすい事務所にしなけばなりません。

ネットに出てくる事務所の写真は、うちの事務所ではありません。間違っています。
大分以前に改装したままなので、とても感じがよくなりました。

まだ、内部は整理ができていなので、近日中にきれいにできることと思います。
            
画像

前はスーパーまんだいですのでお近くに来られましたら、どうぞお立ち寄りください。
事務所の上に監視カメラがつけられ、事務所へ来にくいという声もありましたが、当然ながら撤去させましたので安心して来ていただきますように・・・

相談所は命がけで相談される方もあります。
一昨日も相談に来られ、勤めていた娘さんが、救急車に運ばれしばらく入院治療で時間がかかるため、その間の家庭の生活が苦しくなり、生活を維持するためにしばらく生活保護を申請することにしました。傷病保障制度もあります。
申請者の母親は夜も寝られず、心配で顔色も悪かったのですが、少し元気を出されました。

昨日はカードの多重債務に陥り、誰にも相談できず死にたい、高齢になり収入が少なく困り果てている方が来られました。月曜日に弁護士と相談することにしました。ホッとして帰られました。

今の制度をつかえば、どんな方法でも必ず生き抜くことができます。ですから一人でどん底へ落ちないで相談所へ来てください。

心配のない暮らしができるよう、政治を変えていくことが第一ですね。来春の地方選挙では市会へ鳥居さとし氏おくりださねばならないと思いを強くしています。
記事へトラックバック / コメント


第6回都島自治体学校開催

2018/11/17 23:25
台風直撃のため延期していた都島自治体学校をやっと再開することができました。心配でしたが皆さんのお力で会場ほぼいっぱいの45人が参加、会場の京橋ビギンホールは古墳時代の河内湖の展示もあり活気がありました。

私も実行委員会を代表して開会のご挨拶をさせていただきました。
都島区だけでなく、城東、鶴見、旭からも参加があり盛り上げていただきました。

『大丈夫なのか?地下河川・高速道路』神戸大学名誉教授 田結庄先生の講義から始まり、。大阪北部地震と被害の概要も詳しくのべられ、淀川左岸線延伸部の状況と想定される問題〜上町断層・井戸水の枯渇と陥没・軟弱海抜年度層の関係などおそろしい危険性があることもわかりました。

寝屋川流域総合治水対策地下河川の問題点と提起、都島区の河川氾濫による洪水と問題点など映像で解説されました。大変説得力のあるお話で時間が足りないのが残念でした。

また特別報告として永井茂治氏が(日本科学者会議、淀川左岸線延伸工事とまちづくりの会)「地下70メートルを走る高速道路の諸問題について」報告、問題提起がありました。

会場から質問もでましたがほんとうに時間がほしい短縮授業となってしましました。
夕食がわりに京橋商店街のお好み焼きでごくろうさん会をして労をねぎらいあいました。 
多くの小集会を開いて危険なこの工事のことを伝えていきましょう。

記事へトラックバック / コメント


日ソ共同宣言基礎に平和条約

2018/11/16 21:01

「2島先行返還」も視野に交渉 日ロ首脳会談 (以下11.16 赤旗しんぶんより)


 安倍晋三首相は14日、訪問先のシンガポールでロシアのプーチン大統領と会談し、1956年の日ソ共同宣言を基礎として、平和条約締結を加速させることで合意しました。同宣言は領土問題に関し、平和条約締結後に歯舞(はぼまい)群島と色丹(しこたん)島を日本に引き渡すと明記しており、今後、両首脳が「2島先行返還」も視野に交渉を進めていく可能性もあります。

 首相は11月末からアルゼンチンの首都ブエノスアイレスで開かれる20カ国・地域(G20)首脳会合の際に会談を行うとともに、年明けにもロシアを訪問し、プーチン氏と改めて会談する考えを表明しました。

 会談は通訳を交え、2人だけで行われました。首相は会談後、記者団に対し、「この戦後70年以上残されてきた課題を次の世代に先送りすることなく、私と大統領の手で必ずや終止符を打つという強い意志を完全に共有した」などと述べました。
画像


 1875年の樺太(からふと)・千島交換条約で千島列島全体が日本の領土として確定しているにもかかわらず、日本政府は「千島列島放棄」を盛り込んだ51年9月のサンフランシスコ平和条約を不動の前提とした上で、「択捉(えとろふ)、国後(くなしり)は千島にあらず」と主張。北海道の一部である歯舞、色丹を加えた「北方四島」を「固有の領土」とみなし、返還を求めてきました。しかし、こうした主張は歴史的にも国際法上も道理がなく、領土交渉は行き詰まりを見せていました。こうした中、歯舞・色丹の「2島返還」論が90年代以降、何度も浮上しています。

 日ソ共同宣言には、平和条約締結後に「歯舞群島、色丹島を日本に引き渡す」と明記されていますが、択捉・国後などには言及がありません。安倍首相も会談後の記者会見で「4島返還」に言及しなかったため臆測が広がりましたが、菅義偉官房長官は15日の記者会見で、「北方四島の帰属問題を解決し、平和条約を締結するというのが、わが国の一貫した立場だ。この点に変更はない」と強調しました。
画像
        (50年の成長歴をもつサボテンです)

共産党の志位委員長は記者会見で「2島返還で平和条約は絶対やってはならない」と主張。
そして「日ロ領土問題の根本は『領土不拡大』という第2次世界大戦の戦後処理の大原則を踏みにじって、『ヤルタ協定』で『千島列島の引き渡し』を決め、それに拘束されてサンフランシスコ平和条約で『千島列島の放棄』を宣言したことにある。この戦後処理の不公正をただし千島列島の返還を正面から求める交渉を行ってこそ、解決の道が開かれる」と語りました。
記事へトラックバック / コメント


所得税法56条廃止を求める

2018/11/15 22:01
日常のお買い物にお店に行くと夫婦でお店に立って商売をしている人や、加工業など家族で生業を続けておられる業者があることをご存知でしょう。この秋府議会・市議会に向けて配偶者とその家族が事業に従事した時の対価の支払いはを認めよという陳情書がだされます。

私も現職の時(約7,8年前)に56条の廃止をもとめて大阪市議会で質疑をしました。2016年には男女共同参画基本計画でも56条問題が明記されました。しかし大阪市は56条の廃止を求める意見書をまだ国に出していません。

所得税法56条は配偶者とその家族が事業に従事した時の対価は必要経費に算入しない。ということになっており、同居している家族の働き分が認められません。事業主の所得から控除される働き分は最高で年86万円、その他の家族50万円と最低賃金にも及びません。

「出産手当、傷病手当」もなく交通事故にあった時の補償日額が主婦5700円にたいして、家族従業員は2356円のみとさまざまな不利益を受けています。
画像
 (友人の犬です。どれが本物の犬でしょうか)

なぜこのようなことになっているのか、その起源は明治民法の「家」制度にさかのぼり、1888年に創設された所得税法でも「同居家族の所得は戸主に合算する」とされました。

戦後「家」制度が廃止され個人単位課税になりましたが、56条は例外として残りました。2016年には国連女性差別撤廃委員会が「所得税法が・・・・・・女性の経済的独立を事実上妨げている」との懸念をしめし、56条見直しを求める勧告を出しています。

56条廃止の声は党派を超えてひろがり、全国497以上の自治体(うち大阪17)が国へ意見書を採択しています。(全国自治体数は1718)憲法の「個人の尊厳」「両性の平等」に基づき、女性が安心して働き続ける社会を実現のため、大阪市、大阪府は56条廃止を求める意見書を国に出すべきです。
記事へトラックバック / コメント


共同の力で「維新政治」の転換を

2018/11/14 21:43
2010年に「大阪維新の会」が結成され、「大阪こわし」の「大阪都」構想に終始した>「橋下・維新の10年をどうみるか、どうすれば今の流れを転換して府民が力を合わせて「希望ある明日の大阪をきずくことができるか」、広く語り合っていこう!と日本共産党大阪府委員会の見解が発表されました。

振り返ってみるとほんとうに大変な10年でした。大阪市をバラバラにする「大阪都」構想にたいして2015年行われた「住民投票」は、かって経験したことのない住民を二分する激しい選挙で、その狙いを明らかにし、僅差で「都構想ノー!」の勝利をかちとりました。

この間、住民の要求は踏みにじられ、二重行政と称して無理矢理「府市統合」が強行され、カジノを引き込んだ大阪万博を計画しています。そのうえ、あらゆるデタラメの「設計」で住民をだまし、大阪市を4区案を出して、またぞろ「住民投票」をやろうとしているのです。「大阪市をなくさんといて」という住民の願いをまっこうから踏みにじろうとしています。

日本共産党はアベ政権、維新政治と正面からたたかいとともに住民や野党と手を組み「反維新の共同」をおおきくし展望ある明日の大阪へ、根本転換していくためにがんばります。
画像

             (阿倍野ハルカス前でご挨拶する大阪市会・共産 新人候補 鳥居さん右から2人目
そして何よりも来年4月の一斉地方選挙で、躍進できるよう、ここ都島区は市会は鳥居さとし市政対策委員長をたてて頑張りぬきます。まじめで誠実な人柄と行動力があります。いま住民の皆さんにアンケートをして500通余りに切実な要求が書かれ、返信されています。

前々回私を市会へ押し出していただいた都島区の皆さんのお力を大きくしていただきご支援賜りますようお願い申し上げます。維新は定数3議席の都島区で2人が出馬するそうですので倍するお力をお願い申し上げます。
記事へトラックバック / コメント


麻生さん!貧困で糖尿病はもはや常識よ

2018/11/13 16:27
アベ政権の閣僚の「口利き」、政治資金報告書未記入問題、不勉強、常識外れは開いた口がふさがらない。ここまで劣化している閣僚はアベ政権のごく当たり前となっている。情けない、それをかばうアベ首相、一日も早く退陣してもらいたいと思います。

麻生財務相は「自分で飲み倒して運動も全然しない」で病気になった人に医療費を出すのは「あほらしい」と過去にも繰り返し言ってきました。
昔は金持ちがうまいものを食べすぎて糖尿病になる、と言われていました
最近の医療分野で「貧困層ほど糖尿病にかかる率が高いとの研究結果が多数ある。「自己責任」の論理を持ち込むのは妥当なのか。(以下毎日の記事より)
画像
                  (11月11日号)
金沢市「城北診療所」の莇(あざみ)也寸志医師(糖尿病専門)はリーマンショック後異変にきずいた。
人工透析につながる腎炎や失明に危機がある網膜症など糖尿病の重い合併症の若い患者が次々おとずれるようになった。

糖尿病の大部分は主に思春期以降に運動不足や肥満、ストレス、などで発症する2型糖尿病で生活習慣病に分類される。莇医師の問題提起を受け、全日本医療機関連合が11年〜12年に全国の20〜40歳の2型糖尿病患者を782人を調べたところ、年収200万円未満の世帯が57.4%と半数を超えた。

「子どもの頃から栄養バランスを欠いた食事で肥満となり、その後は非正規雇用や長時間労働を強いられる。不規則な食事やストレスで、さらに体重が増加し糖尿病を発症するが健康診断も受けられず重症化する。それが若年患者の典型的なケース」と莇医師は指摘する。

外国でもこうした健康格差が広がっている。
莇医師も言う。「自己責任とは言えない環境で健康を損ねている貧困層の方が、よほど不公平さを感じているのではないか。糖尿病は社会問題と強く結びついており、それを解決するのが政治の役割です」と。
記事へトラックバック / コメント


改憲よりあたりまえの政治を!

2018/11/12 12:11
野党を後押し 発議阻止へ

東京・渋谷駅前市民連合が宣伝

画像

「改憲よりもあたりまえの政治を」と訴えた市民連合の街頭宣伝=10日、東京・渋谷駅前
( 記事・写真しんぶん赤旗11日より

 安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民連合(市民連合)は10日、東京・渋谷駅前で「改憲よりもあたりまえの政治を」をテーマに街頭宣伝を行いました。学生や学者、ママらがスピーチし、3野党の代表も参加。「改憲より〇〇を求めます」と自分で書いたプラカードを掲げてアピールしました。

 市民連合を代表して広渡清吾さん(東京大学名誉教授)は「『あたりまえの政治』が政治課題になっている。安倍政権の末期的な現象です」と指摘し、憲法を守り実現する▽民意を尊重する▽ウソをつかない―政治を取り戻そうと訴えました。「安倍政権のもとでの改憲発議を許してはいけません。参院選では市民が野党を後押しして、改憲ができない体制をつくりましょう」と呼びかけました。

 大学3年生の女性は、「学費や労働問題など改憲よりも議論してほしいことがたくさんある。まともな議論をしない安倍政権に憲法を壊させるわけにはいきません」。和光大学教授の竹信三恵子さんは、「『働き方改革』の追及で野党が威力を発揮しました。選挙で野党を増やし、押し返していこう」と述べました。

 立憲民主党の長妻昭衆院議員、日本共産党の本村伸子衆院議員、社民党の福島瑞穂参院議員がスピーチ。本村氏は、野党が結束して安倍政権と対決してきたことを紹介し、「市民と野党が力をあわせれば、必ず政治は変わります。安倍政権の退陣、改憲発議阻止のために頑張りましょう」と訴えました。
記事へトラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

上野とき子の街かどスケッチ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる