上野とき子の街かどスケッチ

アクセスカウンタ

zoom RSS 現場は警察官専用住宅とは!

<<   作成日時 : 2018/06/05 21:30   >>

トラックバック 0 / コメント 0

日本救援会の6月5日『救援新聞』を見て驚きました。(以下「救援新聞」より抜粋)
東京。小金井市内で安倍9条改憲反対3千万署名を集めていた市民3人が、小金井署に不当連行されたニュースに大変驚かされていました。事件発生以来、全国から小金井警察署へ抗議の声が広がっています。

これじゃ、安心して訪問し署名行動もヤバいのか〜なんで? 戦前の市民の権利を封鎖しようとしている動き気なのか。ところが、この間の調査で、現場となったマンションは警察官専用住宅であったことが判明。

小金井署は「市民からの通報があった」と理由にして3人をすぐに連行、その住民は警察官だった可能性も高く、事件を「自作自演」したのではないか、といわれても仕方がありませんね。

日本国憲法や警察法を無視し、大勢の警察官が、署名活動をおこなっていた70代から80代の市民を、まるで「凶悪犯」のように強制的に連行しました。市民は住民とのトラブルもなく、署名をお願いし訪ねたものです。

長尾弁護士は、現場となったマンションはオートロックの設備はなく住宅侵入にあたらない」と指摘。
警察は3人を連行し、所属団体、署名活動の目的、当日の行動計画などを、本来自由である市民の活動について取り調べを行ったことは憲法の意義・価値を無視した人権侵害であると批判しました。
画像
  (庭に十薬の花が咲いています)
連行された3人は別々に部屋で取り調べを受けました。警察はとにかく「住居侵入をした」ということを調書に取りたかったのです。

階段は2階までしかなく上には行かれません。しかし執拗に「調書にも署名をするよう」せまりましたが、当事者たちは絶対に受けず、「憲法を守らなきゃたいへんだ。3千万署名は国民誰もが知らなきゃいけないものだ」負けられない。これからもがんばります!と意気軒昂です。
≪署名/激励文送付先≫
 「3人の市民を守る会」 FAX:042(524)1532

都島区は職員の官舎などは「大阪拘置所職員宿舎」「法務省○○住宅」と明示しており、門などで囲っているので一応わかります。小金井市の場合は、住宅侵入とは言えませんね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

現場は警察官専用住宅とは! 上野とき子の街かどスケッチ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる