上野とき子の街かどスケッチ

アクセスカウンタ

zoom RSS 米朝首脳 初会談

<<   作成日時 : 2018/06/12 22:19   >>

トラックバック 0 / コメント 0

世界中がきょうの米朝会談に注目した。お互いが罵り合い、「小さなロケットマン」「老いぼれ」などと罵詈雑言を言い合っていたことを思うとなんという変化であろうか。

トランプ米大統領と北朝鮮の金朝鮮労働党委員長はシンガポールのカペラホテルで史上初の首脳会談をおこなった。驚くほどにこやかな会談であり、短い時間ですべての課題とは言えないが、大きな平和の一歩を踏み出したのではなかろうか。会談が成立するかどうかも危ぶまれた中でこのような変化だ。
画像
         (NHKより)
平和を願う世界の世論が変化をつくりだした。
会談の詳細な内容はわからないが、北朝鮮は完全な非核化にとりくむ、米国は北朝鮮の体制の保証を提供するという問題がどこまでできるかが焦点となる。

双方は1対1の40分の会談を行い「非常によかった。素晴らしい関係だ」とトランプ氏。
また拡大会合は、約40分続き、金委員長は「困難もあるだろうがトランプと協力していく。会談が平和に資すると信じている」とのべたようです。

拉致問題もトランプ氏が日本に代わって、金委員長に依頼したが、日本も人任せでなく積極的に交渉が急がれる。早く解決をという高齢の家族を何年待たすつもりか。人道的にも待ったなしだ。

きょうは詳しい内容はまだわかりませんが、世界中が希望をもった米朝会談をこの先、どうか花咲かして注目していきたいと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

米朝首脳 初会談 上野とき子の街かどスケッチ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる