上野とき子の街かどスケッチ

アクセスカウンタ

zoom RSS 受動喫煙の防止徹底しましょう

<<   作成日時 : 2017/06/05 21:49   >>

トラックバック 0 / コメント 0

5月31日は世界禁煙デーだったそうですね。31日から6日までは日本の禁煙週間です。テレビも報道しませんね。

夫もヘビースモーカーでしたが、50代のころ鼻血が止まらなくなって、「たばこをやめろ」家族コールでついにやめました。「誰が何と言ってもやめません」と宣言していましたが、恐ろしくなったのでしょう。「なにわ保健生協」機関紙5月号のコラムに懺悔録を書いていました。

タバコフリーサミット2017東京」が5月末に開かれ、WHO非感染疾病予防部長のダグラス・ベッチャー氏がビデオメッセージをよせました。(以下、しんぶん赤旗報道による)

詳しく書けませんが”タバコは1年間に720万人の命を奪っており、その80%が低・中所得の国の方々です。
これらの国がタバコ関連費用の40%を負担し、世界経済に1・4兆ドルの経済損失をだしている。2030年に向けて、タバコ規制を通じて生活習慣病、成人病を3分の1に低減したい”

各国政府は法的規制をもってこの対策を考えてほしい。と続きます。

ところが日本は、今国会に受動喫煙対策を強化する法案を提出することも見送られることが確実との報道です。
近年は五輪開催都市は、人が集まる場所での罰則付きの禁煙規制をもうけているが、自民党は飲食業者の営業が成り立たなくなると原則禁煙に反対。妥協案の協議も並行線とのこと。
画像


しかし「サミット」では屋内禁煙にしても「影響がない」「売り上げは増えた」との国内外の調査結果がだされた。
カリフォルニア州、スイス、WHOの「国際がん研究機関」の調査、愛知県調査などの結果で明らかにされた。

愛知県調査では(1163店)売上が不変95%、増加1%、減少4%という結果だから、案ずるより産むがやすしではありませんか。それもだめなら、タバコの税金をもっと増やすこと。人を殺すタバコが、持続可能な開発目標のため、しっかり使えるように・・・。



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

受動喫煙の防止徹底しましょう 上野とき子の街かどスケッチ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる