上野とき子の街かどスケッチ

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画 『華氏119』

<<   作成日時 : 2018/11/08 21:18   >>

トラックバック 0 / コメント 0

めずらしく予定が入ってないのでステーションシテーシネマに映画『華氏119』を観にいきました。
少し前に「華氏911」で世界的大ヒットをしたマイケルムーワ監督が引き続き映画をつくった。
2016年11月9日ドナルド・トランプ氏が大方の予想を覆し、アメリカ大統領の勝利を宣言したのだ。題名もその日11・9が名付けられている。

昨日6日の米の中間選挙では、上院では与党共和党が過半数を維持したものの、下院では野党・民主党が過半数を奪還しました。内政では医療保険の改悪や大企業金持ちの優遇税制と、移民問題などで増悪をあおり、国民の分断をはかってきたトランプ政権に厳しい審判を下しました。
       
画像

ムーワ監督は命がけでトランプ政権の正体を暴いている痛快なドキュメンタリーであり、この中間選挙の結果に導びいたようです。ムーワ氏はトランプの言動が狂気に突き進む直前のヒトラーに重なることに気付く。

しかしアメリカでの市民のたたかいも大きくなる。銃乱射事件で生き残った高校生の銃規制強化の涙の訴えや、鉛の入った汚染水で苦しみ抗議する住民、教師による賃上げ要求ストライキなど巨悪に立ち向かう姿が全米にひろがっていく。トランプの巧妙な術中にはまらないようワナを解いていく爽快な映画であった。

日本でもアベ政権を倒せるような規模のドキュメンタリーがとれないはずはないでしょう。マイケルムーワ監督に続く映画人はないものか。

どうしてトランプが出てきたのか、市民の勇気あるたたかいなどアメリカの実情もよくわかる映画でした。
ぜひ観てください。連帯しましょう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

映画 『華氏119』 上野とき子の街かどスケッチ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる