上野とき子の街かどスケッチ

アクセスカウンタ

zoom RSS 生活保護削減やめよ!

<<   作成日時 : 2018/10/03 22:43   >>

トラックバック 0 / コメント 0

天高く馬肥ゆる秋ーといいたいですね。
この10月から、またしても生活保護費が削減されています。
いまでさえ、節約節約に追われていきている保護世帯にさらに厳しい追い討ちがかかります。

先の話題を呼んだテレビドラマ「健康で文化的な最低限度の生活」は憲法25条が保障する「これ以上の貧困があってはならない」という憲法の条文をドラマの題にしたもので、大変話題を呼びました。

第2次アベ政権で相次ぐ<生活保護の削減がされてきましたが削減額合計は1480億円(年)にもなります。
私どもの生活相談所へ来る人たちも、保護費を大事に使っていくためにも、スーパーが午後9時になれば食料品が安くなるので、それに合わせた生活をし倹約していることも聞きます。

お金がかかるため、人付き合い減り、節約節約を余儀なくされています。その上この10月から段階的に生活保護基準をを最大5%に下げることを決定したのです。年間210億円にもなり、削減対象は利用世帯の7割にも及びます。母子家庭の加算、児童養育加算など加算の多くが引き下げられます。

日本に金がないからではありません。軍事費の増強は今年も5兆2千億との概算要求でうなぎ上りです。世界で3位の軍事大国となっています。
ところが子どもの貧困が深刻です。お腹をすかせた子どもたちがいます。子ども食堂では賄いきれません。

日本は生活保護制度の捕捉率(受給するする資格がある人で実際に受給している割合)は他国に比べても低く、底なしの状態です。あべ首相は保護利用者の消費水準が「低所得者の消費水準が均衡とならなければならない」と言っていますが、貧困が広がるもとでの同基準は「底なし」に引き下げられます。

怒りを込めた、憲法25条を守れと「一万人の審査請求」を始めています

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

生活保護削減やめよ! 上野とき子の街かどスケッチ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる