上野とき子の街かどスケッチ

アクセスカウンタ

zoom RSS 本庶佑氏ノーベル賞!

<<   作成日時 : 2018/10/02 20:54   >>

トラックバック 0 / コメント 0

すばらしい話題が続きます。
スエーデンのカロリンスカ研究所は1日、2018年のノーベル医学・生理学賞「免疫制御分子」の発見とがん治療への応用研究を行なった本庶佑京都大学特別教授と米テキサス州立大学のジェームスアリソン博士に授与すると発表しました。
画像
                            (毎日)
本庶さんは、免疫細胞を制御する”ブレーキ”として働くタンパク質、PD−1を発見。そのブレーキをはずせば、免疫細胞ががん細胞を効果的に攻撃し、がんの治療ができると提唱しました。

米国のベンチチャー企業や日本の製薬会社と共同で研究をすすめ、開発された薬品「オプジーボ」が2014年に実用化され、皮膚がんや肺がん、腎臓がんの治療に使われ、患者からも喜ばれています。

「オプジーボ」と聞いて、聞いたことがあるな〜と・・・・思い出しました。オプジーボの価格が非常にに高いことを巡って問題となり、医師でもある日本共産党小池晃参議院議員が2016年10月の予算委員会で追及しました。私もテレビを見ながらこの薬は儲けが大きいものだなと薬価問題の質疑を聞いていました。

そして翌年2月にこの薬価は半額に切り下げられたのです。多くの患者さんがこのことでも喜ばれました。

本庶氏はインタビュの中でも「教科書を信じるな」「あきらめるな」と子どもたちに科学技術の発展を目指して、直言しています。基礎研究の大事さと未来への投資でなければならないと伝えられているのでしょうか。

その点、点数を追い求める学力テストもやめることを考えるべきです。柔軟な発想のためにも・・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

本庶佑氏ノーベル賞! 上野とき子の街かどスケッチ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる