上野とき子の街かどスケッチ

アクセスカウンタ

zoom RSS 猛烈な台風21号の被害!

<<   作成日時 : 2018/09/04 21:44   >>

トラックバック 0 / コメント 0

昼ごろからポツリポツリと小雨。しかし予報通り間もなく台風21号は大阪を直撃した。

街中を荒らしまわり、大きな被害を残した。真冬に聞こえるという虎落笛のようなヒュールヒュールという風も聞き、自転車や植木鉢をなぎ倒し、屋根瓦を振り落とし恐ろしい勢いに驚いた。停電も145万件という。
大丈夫か?と電話もし被害の状況も聞きました。
画像

(朝日 中古車センターが火事に)

大きな被害は関西空港に集中した。
最大瞬間風速なんと58.1で関空へつうじる関空連絡橋ー自動車道路と鉄道が走るー全長3・5mの連絡橋にタンカーが衝突。タンカーは大阪湾で停泊していたが、強風で流され連絡橋に衝突。橋は一部破損。タンカーはエンジンが止まり自力で航行できない状態のようだ。
画像
  (朝日  関空連絡橋にタンカーが衝突)

滑走路Aは過去最高の潮位2mを超え、水没状態。
ターミナルビルは電気も消え真っ暗ななかで、コンビニも食料は売り切れ、1000人以上が取り残されているとのこと。

大阪はインバウンドで海外の客を呼び、景気回復の夢洲カジノ万博をやろうと松井知事、吉村市長、与党、財界などは意気込んでいるが、夢洲の危険性が現実になっている。関空が建設される時も多くに人々が、こうした高潮などの被害を懸念し、冠水も心配したがたが答えは「大丈夫」だったのだ。

陸の孤島となった関空の回復はかなりの時間と資金がかかるだろう。孤島に残された客の救出を一日も早くしてほしい。カジノより住民の安全が景気回復のカギだ。

日本列島は今年はまさに災害列島となった。原発は大丈夫等と国民にウソをつく政治よりも、災害にたいしても、充分な対策をとり安心してくらせる政治がまさに望まれる。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

猛烈な台風21号の被害! 上野とき子の街かどスケッチ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる