上野とき子の街かどスケッチ

アクセスカウンタ

zoom RSS なに〜障害者雇用 半数水増しと!

<<   作成日時 : 2018/08/26 16:57   >>

トラックバック 0 / コメント 0

なんという不正な悪に満ちた国でしょうか。
中央省庁のほとんどで障害者雇用率の水増し偽装問題が行われ不正に雇用率に算入していた人数が3000人を超えるようです。17年中央省庁が雇用していると報告していた障害者は約6900人ですから、半数近くを水増ししていた(障害者手帳を持たない人などを障害者として算定した)ことになります。

過去にも発覚しており安倍政権の責任が厳しく問われます。ここまでウソをつくか!とこの政権の悪行ぶりには怒りが収まりません。社会的に弱い障害者が、中央官庁のすべての省で3000人も就職させず、障害者水増し偽装をしていました。.

民間企業であれば、法定雇用率を(17年度2.3%)を下回れば納付金を徴収されますが、中央省庁等の行政機関は罰則がなく、チェックも不十分。「自らが雇用率をつくりながら踏みにじった。ありえない不祥事だ」と障害者団体から批判の声が上がるのも当然です。
画像
 ”障害者踏みつけるな白い百日紅 とき子”

中央だけでなく都道府県などでも同様のケースが次々明るみ出て、事態の根深さがあります。
だいたい障害者雇用率制度は障害者雇用促進法にもとづき、厳格に実施され雇用を推進するるのが当たり前です。
旗振り役の国が水増し偽装する、国民を裏切る背信行為です。

日本だけでなく国連の委員会の政府報告にも書かれているそうですので、日本の国際的信用は大きく失墜ですね。国会は閉会中ですが、閉会中審査を行いはっきりさせるべきですね。国民だましここまで来たか!

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

なに〜障害者雇用 半数水増しと! 上野とき子の街かどスケッチ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる