上野とき子の街かどスケッチ

アクセスカウンタ

zoom RSS 綾瀬はるか「戦争を聞く」−語らなかった女たち

<<   作成日時 : 2018/08/17 21:42   >>

トラックバック 0 / コメント 0

15日TBS系『ニュース23」を35分拡大して「綾瀬はるか『戦争』を聞く〜語らなかった女たち」が放送されました。今回取材したのは、”女たちの戦争”。女性として絶句してしまいます。

戦後福岡市の博多港に139万人の日本人が命からがら引き上げました。満州(現中国東北部)で8月7日ソ連兵がソ満国境を破って、日本軍も引上げた満州を侵略し、無防備の日本住民たちはひどい目にあわせました。しかし、性暴力の被害にあい、妊娠した女性たちが多く含まれていたことは、あまり知られていません。

10歳の時、満州で終戦を迎えた鈴木政子さん(83)がソ連兵に連行された収容所で目撃したものは、日本人住宅にソ連兵が侵入し、横暴を鎮めるために、日本人女性それも娘さんを、ソ連兵に差し出すことでした。
子どもたちの目の前で日本人女性はおかされ、一人が5〜6人と輪姦されたという悲劇です。

当時女性たちはずーっと口を閉ざしていました。ですからこのことを知る人は少なかったのです。
ところが、引上げ戦で帰国するときは、すでに妊娠数か月の女性たちが数百人いたそうです。

女性たちは引き上げ後、有無を言わさず、別のところへ連れていかれ、堕胎や中絶を余儀なくされました。
すでに産声を上げる赤ちゃんも、声を聞かさないように首を絞めたり、メスを使ったり全部処置されたそうです。
国は二重の犯罪を犯したと言わざるをえません。
画像

歴史の闇に埋もれてきた真実に綾瀬はるかは迫ります。犯された女性たちは事実を語り結婚した人もありますが、多くは沈黙し、80歳を過ぎてやっと証言をする人が出てきました。むごく悲しい戦争を思い出したくないといわれるのもわかりますが、綾瀬は「戦争を知らない私たちのために貴重な証言をしてくださいました。ぜひ聞いてください」と。あ〜慰安婦問題が大きいと思いましたが、この事実もまたまた悲しく大きい・・・・・

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

綾瀬はるか「戦争を聞く」−語らなかった女たち 上野とき子の街かどスケッチ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる