アクセスカウンタ

<<  2018年7月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ


「新基地問題問え」署名10万超 (@_@)

2018/07/31 16:12
沖縄名護市辺野古の米軍新基地建設の賛否を問う県民投票をめざして「辺野古県民投票の実現をめざす会」は30日、県庁での記者会見で県民投票条例を制定を直接請求するための署名が、必要数の4倍を超える約10万1千人分集まったと発表しました。

県内各市長村の選挙管理委員会に名簿提出しました。会は「県民投票が実施されるまで辺野古埋立工事を中止するよう強く要請する」と語りました。

連日の猛暑を中を命がけで座り込み抗議が行われています。
会は各市長選での手続きの後、8月中に翁長知事に県民投票条例制定を直接請求。
翁長知事は県議会に条例案を提出し、可決されると条例公布から、6か月以内に投票が実施されます。

沖縄環境ネットワーク世話人の花輪伸一さんは「サンゴ礁の移植を行わない等の環境保全措置をとらないことや、地盤がマヨネーズ並みの軟弱地で工事はもともと難しい。無謀な工事を進める政府をゆるすことはできない」訴えました。(7・31日赤旗より)


沖縄の民衆の絶対あきらめない「不屈」の精神は尊い、学ばされます。
記事へトラックバック / コメント


「都島平和のつどい」準備始める (^_-)

2018/07/31 07:11
本日の「都島平和のつどい」実行委員会では今年のテーマを何にするかといろいろ討論し、大まかな所はまとまりました。

また、都島自治体学校も地震などの危険が迫りくる中で、地質学などもっと勉強したいと意見も出され、お休みしている学校を再開せねばならない。この具体化もしなければならない。

少しは暇な人生が味わえるかと楽しみでしたが、なにかと次々忙しい。お互いボケる暇がないね、と藤永女史と笑う。
画像>(よその紫陽花は今も必死で花を咲かせています)

きょうは新俳句人連盟大阪支部会報「俳句のつどい」を送っていただきました。
前回の会報に、今年の運動のまとめの部分に、「タイムリーな記事としてブログを4回引用させてもらった」。とあり、新俳句人連盟でも優秀な俳人が健闘されている会報に、私の拙いブログを掲載していただき、光栄でもあり恥ずかしくもあります。本人は俳句の成長がないな〜と。

そう言えば「みやこの風」(区後援会)、会誌にも毎月掲載してもらってます。

最近は「淀川左岸線延伸部を考える会」にも掲載していただき、もう少しまともなことを書かねばと思いますが、私の自由にはばたくことは今さら治せないな、と諦めています。
これらの会誌掲載にに心から感謝申し上げます。

早朝、セミの生まれた天気な声で起こされたが、夕方涼しくなってあまりにも、紫陽花が育ち過ぎ、花が咲かず背丈ばかり高くなった枝をバッサリと剪定しました。花屋さんに「なぜ花が咲かないのか?」聞くと肥料のやりすぎだと言われました。子育てと一緒ですかね・・・・過保護に育てすぎたのです。(実際の子育てはハングリーに育て後悔も残ります)汗だくになり、サッパリとシャワーに。

記事へトラックバック / コメント


北原洋子街頭演説元気に(#^.^#)

2018/07/29 21:55
台風の影響で少し気温は下がったと言っても35℃。少し風がでて、さわやかさを感じます。
鶴見区市会補欠選挙で奮闘している北原洋子さん、今日は日本共産党副委員長参院議員山下よしきさんも応援に駆けつけました。市会議員団からは小原市議が来援。
画像


北原さんは、・カジノより防災対策強化を ・全国一高い介護保険料、高すぎる国保料引き下げ・中学生に行きすぎた競争あおるチャレンジテストは中止を ・コミニティバスを走らせる・「ブラック企業規制条例」をつくり最低賃金1000円に ・鶴見緑地は防災と憩いの場に・「大阪都構想」をやめ市民のくらし優先の優先の実現など
訴えました。噴き出す汗、照り返す真夏の太陽にタオルで拭きながらです。
画像


子どもが4人、孫が7人とそろい、子育てのことなら私にと。またこれまで元気に選挙戦を支えてくれたご両親が体が弱ってきたことなど話し、ぐっと有権者を引き寄せます。

山下よしき副委員長は、モリカケ問題で長期に国民を欺き、ウソをつくのもウソをつかされるのももうやめようではないか!と国会で言っても、ヤジ一つ言わず聞いているだけ。幕引きどころか秋の国会で徹底審議しますとホットな力強い話。
画像

LGBTを[生産性がない」とひどい自民杉田水脈衆院議員の発言を徹底的に反撃しよう。
この選挙でも国政と大阪市政のでたらめさを有権者の力で決着をつけよう!野党統一でスクラムを組んで市民が必ず勝利しよう!と熱い熱い山下よしき副委員長の応援でした。

強く、やさしく、明るい北原洋子さんを区民の代表でなんとしても押し上げたい。
記事へトラックバック / コメント


東から西への台風にご注意を(@_@;)

2018/07/28 22:37
夜9時過ぎから雨が降り始めました。
強い台風12号は、東から西へ列島を横切る観測史上はじめてのコースを進むらしい。今夜は東海地方に上陸し、29、30日は西日本を縦断するということです。

通常のコースと逆方向に進み、大雨や突風が起きやすく気象庁は、「これまでの経験が通用しない場合がある」
と警戒をよびかけています。
画像

この夏は異常気象でほんとうに大変でしたね。地震、猛暑、集中豪雨など次々平穏な生活を襲いました。
充分お気をつけてください。

都島区は豪雨になると必ず、浸水があり、大騒ぎになります。今夜も、近所では土のうを家の軒先において警戒態勢をとられています。
画像

土嚢は東部下水道管理事務所に事前にもってくるように頼めば、自宅まで届けてもらえます。☎6969−5481
無事台風が通過しますように・・・・・
記事へトラックバック / コメント


東アジアに平和を!7・27キャンドル行動

2018/07/27 22:58
朝鮮戦争休戦65周年、「東アジアに平和を!7・27キャンドル行動」に参加しました。約1500人が参加。
画像
(西区 ウツボ公園で)
野党各代表があいさつ。共産党は宮本岳史衆院議員があいさつしました。
(以下採択された、集会宣言 要旨です)

南北首脳は4月27日「板門店宣言」を発表、年内に朝鮮戦争終戦を宣言し、休戦協定を平和協定に転換することが宣言されました。

6月12日、戦後初めての首脳会談を開催し、「共同声明」を発表、敵対関係に終止を打ちました。

トランプ大統領は朝鮮民主主義人民共和国に安全保障を提供してすることを確約。金委員長は朝鮮半島の
完全な非核化に対する不動の意志を再確認。両国首脳は、新たな米朝関係の発展と朝鮮半島と世界の平和と繁栄安全を促すために協力することにした。

日本は36年間の朝鮮植民支配責任に誠実に向き合うことなく、戦後一貫して朝鮮敵視政策を進め、朝鮮有事を口実に戦争ができる国へと突き進んできた。

今、東アジアの歴史的大転換を迎え、日本の対朝鮮外交ーアジア外交の根本的転換が求められている。
私たちは、「板門店宣言」、「米朝共同宣言」「朝鮮戦争の終結と平和協定の締結」を支持する。
私たちは、核のない東アジアの平和、日朝国交正常化、を求める。
私たちは、戦争する国づくりを拒否する。

キャンドルは韓国のたたかいで使われたものを贈られました。PEACEのキャンドル文字は描けたでしょうか.
画像

集会場所のウツボ公園からナンバまでシュプレヒコールをしながらデモ行進しました。嬉しいデモです。
昼間の猛暑はどこへやら、初秋のような涼風が心地よく体を吹き抜けました。
記事へトラックバック / コメント


治安維持法犠牲者・久木興治郎のこと

2018/07/26 16:51
u>81年前、1937年、7月24日、天神祭の宵宮でのできごと、久木興治郎(ひさき こうじろう)が、大川で遊泳中、溺死。28才でした。

大阪民衆史研究 第71号をシャンソン歌手・民衆歴史研究家 松浦由美子さんから送られました。彼女はー3・15事件治安維持法犠牲者・久木輿治郎の大阪における足跡を追うーを寄稿しています。

久木輿治郎は滋賀県出身で大阪外国語学校在学中に社研部に加入、受験生に読者会勧誘のビラを配ったと天王寺署に連行され、大学から放校されます。

中国への侵略戦争が本格化し、戦火を広げる日本政府の危険な戦争へ抗議をし大阪で活動した久木興治郎の足跡を追って調査をしておりました。

若くしてなぜ彼は死んだのか。当時の新聞を見ても、他の水難事故は報じていたが、彼が大川で遊泳中、溺れ死んだという記事はない。

当時は治安維持法の弾圧により、多くの名もなき人々が犠牲になった。
1人でも多くの犠牲者の記録を残し、顕彰することを急がねばならない。と彼女の決意は固い。
画像

輿治郎のルーツを求め、滋賀県にも何度か足を運び、親戚や知人、菩提寺の住職さんからお話をお聞きした。
弟さんお話では「兄は旧制中学から、水泳は達者だった」と証言。当時、旧制中学の学生は琵琶湖に浮かぶ多景島まで5キロを往復遠泳したという。「自殺するような人ではない」と当時の学友も。

当時の新聞を見ると盧溝橋事件を契機に日中戦争がはじまり、防空訓練と天神祭の宵宮で混乱し、川で遊泳するような状況ではなかったと思える。そんな時に自ら川に泳ぎに入るだろうか。松浦さんの疑問は残る。
今でも宵宮は船渡御などの準備で忙しそうです。

松浦さんはとりあえずこれまでの調査の中間報告ですとわざわざ冊子を送っていただきました。
若き久木輿治郎青年が行動していた都島区は私の行動エリアでもあり、大きな関心をそそられます。松浦さんの丹念な調査努力に感銘を受けます。




記事へトラックバック / コメント


天神祭花火に酔う(^_-)

2018/07/26 15:29
大阪の夏の風物詩、天神祭は25日夜、大川で約100隻の船が行きかう船渡御があり、夜空を彩る奉納花火約5000発の花火が打ち上げられました。その花火を打ち上げる音が、玄関を振るわせ、早よ出てこんか〜と言われているようで今年もグリーンハイツから、真夏の饗宴をながめた。

夕飯は暑気払いをかねて鱧鍋にした。大きな鱧(はも)の頭と骨でだしをとり、そこへ薄味つけ、ハモ、豆腐、明日葉、ニラなど入れて食べるという、毎年のわが湯流のご馳走です。

現地へ行くと今年は家族づれが多く、シートを敷いて歓声を上げています。これで真夏を乗り切る力がついたのかな〜と思います。無理を承知で花火を撮影しましたが、うまくいきませんが見てください。
画像
画像

画像

記事へトラックバック / コメント


ヤマト引っ越し過大請求(@_@;)

2018/07/25 21:31
「しんぶん赤旗」日曜版(7月1日号)がスクープした運輸大手ヤマトホールディングス(HD)の山内社長は24日記者会見し法人向け引っ越しをを手がける子会社が代金17億円を過大請求していたと発表。
画像

過大請求が明らかになったのはヤマトホームコンビニエンス(YHC)が先月まで2年間で引っ越しサービスを請け負った3300社余りのうち7割以上にあたる2640社に、総額17億円の過大請求をしていたことを認め謝罪しました。今後返金にも応じるとしています。

日曜版にはYHC社の元四国法人営業支店長の槙本氏が実名で登場し少なくとも2010年頃から引っ越し代の過大請求をしていたと告発。槙本さんは2010年から社内で何度も不正を告発、ヤマトHDは改憲で内部告発があったことを認めました。山内社長は不正は全国に広まっていたと、陳謝。

槙本さんは監督官庁でもある国土交通省にも告発しましtが、放置していました。国交省も腐りきっているのですね。責任が問われます。
記事へトラックバック / コメント


ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』(@_@)

2018/07/24 22:34
ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』が関西テレビ、フジテレビ系で先週火曜日からはじまりました。
ドラマは漫画誌「週刊ビッグ」からテレビに連載ドラマとして放映されています。すでに漫画は6巻も発行されているとのこと。最初の1巻目を読んで、驚きました。続いて読みたいと思っていたのですが知らなかった。
画像


憲法25条 すべての国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。
A国は、すべての生活部門について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなけければならない。という重要な規定がされています。

ドラマの題名が憲法25条とは嬉しいじゃありませんか。日々私たちの生存権をかけたたたかいの一つです。

区役所の生活課(大阪は支援課)に新人ケースワーカーとして所属した義経ミエル(吉岡里帆主役)が、公務員なら安定があるだろうと公務員になった。が生活保護受給者を支援する「生活課」に配属されて、苦闘する。
画像

ケースワーカーとしてさまざまな人生の困難に直面し自立の手助けをするストーリーで、見ごたえがあります。
第一話は高金利で生活を破壊される寸前を助けていきます。
第二話は受給者への心ないバッシングや不正受給問題など深刻です。
しかし、新人ながら「困っている人を何とか助けたい」という思いに突き動かされる若い女性の奮闘と成長が描かれ、拍手をしたいです。私達共産党も毎日「生活相談所」を開け、相談にのっています。

日本はまだまだ我慢して「保護だけは受けたくない」という意地のようなものをもっている方が多いですが、国際的にも受給率は低く、もっと引き上げるよう国連からも勧告があります。共産党は生活保護⇒生活支援と名前を変えてはどうかと政府に言っていますが・・・・来週もお楽しみに。
記事へトラックバック / コメント


東都島平和地蔵講の寄付集め

2018/07/23 22:38
気象庁は23日、記録的な暑さについて異例の緊急会見を開いた。
「気温が高い状態は8月上旬にかけも続き熱中症で命を落とす危険性もある」として十分注意するようよびかけている。記録的暑さは「災害」とのこと。

きょうも「淀川左岸線延伸部工事」「寝屋川北部地下河川の工事」について」の今後の進め方について意見を交流しました。勉強会、調査活動を進めていきます。

夕方から東都島平和地蔵講の寄付集めにまわりました。汗がポタポタと落ちてきます。「暑いのにごくろうさんやね」と快く寄付をいただきました。
画像

北通公園の中にある平和地蔵さんは、以前にも書きましたが、たしか昭和17年代に制作されました。昭和20年6月の都島大空襲で焼け、地中の中にあったものを掘り出してきれいに整え現在の平和地蔵さんとして地域でも親しまれています。

その地蔵さんは鉄かぶとを被っています。戦争中作成されたもので「2度と戦争をしてはいけないよ。平和が一番いいね」とその穏やかなお顔が語りかけています。子どもたちはじめ市民も、地蔵さんの前で盆踊りをします。

私も昨年から班長さんになっているので、今日も貴重な寄付をいただきに汗をかきました。
わが家のセミも羽化して元気にコーラスをしています。
和歌山の九度山で買ったメダカも涼しそうに泳いでおりとっても元気です。
画像




記事へトラックバック / コメント


朝鮮半島の非核化・平和の構築を歓迎する集い

2018/07/22 23:19
猛暑のなか、中之島中央公会堂大ホールで「北東アジアの平和のために」と題して 9つの共催団体による講演会が開かれました。講演は康・宋憲(カン・ジョン・ホン)氏。

柔らかな物腰のやさしさに満ち溢れておられる康氏は、プロフィールを読んでもびっくりする経歴です。

在日韓国人二世。ソウル大学医学部在学中に国家安全法違反の容疑で拘束。77年死刑判決確定。82年無期無期懲役に減刑、88年仮釈放。89年日本に帰還し、同年韓国問題研究所を設立。

その後阪大大学院で国際政治学を学び現在早稲田大学アジア研究機構客員教授。多くの大学で日本国憲法9条を中心に平和学を担当。著書に「死刑台から教壇へ〜私が体験した韓国現代史」(角川学芸出版)


4月27日板門店宣言、6月12日の米朝会談を歓迎します。朝鮮半島に平和が訪れ、北東アジアに平和体制をつくり、将来的には朝鮮半島や日本の米軍基地撤去、非核地帯化に。日本国民自身が憲法9条を生かす対話外交と北東アジア平和の実現ももとめて開催されました。

画像


朝鮮半島の平和体制と日本の課題〜の章では、戦後日本の独立がいかに達成されたか。米軍の対日政策(再軍備)はいつ転換されたのか?朝鮮戦争での日本の対米協力(733個の米軍基地、約8千名が掃海に動員された)
51・9講和条約と日米安保条約、基地国家の実態、日米軍事同盟と平和憲法が同居する矛盾、
朝鮮戦争の停戦体制(53・7)に組み込まれた日本など、私達が深めていかねばならない課題を考えさせられました。70年におよぶ米朝・日朝の敵対関係改善には相互努力による信頼関係の構築、市民段階でも交流が必要ですね。

早速、ウツボ公園でのキャンドル行動が提起されました。韓国でローソク革命をしたローソク(電池)をいただいて帰りました。日本でもやろうよ.
画像

誘い合って大勢行きましょう!
記事へトラックバック / コメント


酷暑の学校 今すぐ冷房設置を!

2018/07/21 18:46
気温40℃を超えるなど命の危機さえある記録的酷暑から、子どもの命と健康を守って!と新日本婦人の会冷房設備を設置するため補助金の増額を求める要請を文科省におこないました。

小学一年生が熱中症で学校で亡くなった豊田市などは「小中学校にエアコンがついていない」「登下校で子どもが水を飲まないルールがある。水分補給を徹底してほしい」など切実な要望がだされました。文科省は冷たい対応でした。高価なオスプレイなど戦闘機を抑えれば十分おつりが出ます。

この酷暑は災害でもあり、毎日のように、死者が出ている。文科省によると全国の公立小中学校のエアコン設置率は2017年までに49.6%まで上昇したが、愛媛県は5.9%とほとんどの教室にエアコンがない。東京都は
設置率99.9%。

私が大阪市会議員に在籍していた頃(2011年3月)予算議会で大阪の子どもたちの状況を調査して、「最早このような異常気象が続く中で、エアコンは必需品。成長盛りの子どもたちにエアコンをつけて、快適な教室で授業を受けさせてほしい」と執拗に質疑したことを思いだします。

大阪市長や与党は「学校にゴーヤを植えたり、打ち水をしたり努力している」との答弁に「この猛暑のなかでそんな江戸時代のような風流を楽しむことは問題外だ。できれば、各教室で授業をしてみたらどうか。すぐに設置をせよ」と追及したことを覚えています。
画像

中学校給食も業者弁当ではなく自校方式による、学校給食法の精神で子どもたちが喜んで食べるものを!この私は学校給食法設置の第一号で育ったのに、大阪で生まれた子どもも孫も要望しながら、実現できなかったことも強く質したこともありました。いま実現しているのではないかと思います。

その後順次エアコン設置も中学校給食も実施されることになり、嬉しく思います。しかしまだ半数の小中学校でしか設置されないということなので、今回の学校での事故をくりかえさないよう、子どもには最善の利益が第一義的に考慮される(子どもの権利条約)ことが一番です。
記事へトラックバック / コメント


カジノ法案強行採決!許せない!

2018/07/20 22:51
集中豪雨で甚大な被害をこうむった国民の救済こそ、最優先で取り組む課題ではないのか!
被災地に目を向けず、刑法が禁じる賭博を合法化するカジノ法を今夜参議院本会議で採決、国民が心配している重要法案をすべて強行してきた、アベ政権を退陣に追い込みましょう。

カジノ問題を考えるおおさかネットワーク代表の桜田阪南大学教授いわく、「大阪での建設予定地とされている夢洲は貴重な産業廃棄物処分場だ。その廃止はごみ処理問題を再燃させ、コミ有料化をもたらします。建築に不向きな地質条件に加え、土壌汚染問題、さらには夢洲が大きな活断層に挟まれていることから、格別の防災対策が必要とされる。リスクの高い地域に集客施設を建設する暴挙を重ねてはなりません」と警鐘乱打する。

なぜこんなに急ぐ必要があるのか。日本進出を急ぐ外国カジノ資本の金儲けのため。シーザーズは米国市場衰退で経営破たんに追い込まれ、新たな収入源をもとめてアジア進出に躍起になっているカジノ資本です。

日本は依存症対策といって入場料6000円、1週間で最高3回、4週で10回と制限したと政府はうそぶいているが、制限どころか、これではまるきり依存症ではないか。何の歯止めにもならない。
画像
画像

 (写真は今夜7:30NHKより
NHKも今夜ではなく、もっと早くからカジノをとりあげるべきでないのか。国会で決まると途端に元気に報道するNHKのずるさ?がある。報道機関の批判精神はどうした〜?

経済効果を求める大阪府はGDPがこれまでの全国比20%→15%に落ち込んでいるため、カジノでひと儲けしようとする動機そのものが悪い。ますます落ち込みますよ。その犠牲は府民のくらしが踏み台にされるのですから。

これから、計画の中身を明らかにさせてカジノ業者に申請させない世論をつくっていきましょう。
国民世論は依存症が増えると47%が反対だ。賛成17%、国民にもよく説明もできていない。
記事へトラックバック / コメント


猛暑に負けず「おしゃべりカフェ」 (*^。^*)

2018/07/19 22:09
38℃を超える猛暑日、連日異常な暑さに見舞われ、会う人に「気をつけてください」というばかり。
孫たちの時代は40℃が日常的なるのじゃないか、いやな予感が早すぎる。

きょうは猛暑のなかで、地域の「おしゃべりカフェ」を喫茶店で開いた。昼間の暑さの中、外へ出られないのではと思ったが、16人が参加して椅子も満席になった。感謝感謝です。4回目ですがいつも満員になります。

鳥居さとし市政対策委員長があいさつと問題提起をしました。
私はこれまでの経過と現状、今後についての報告をさせてもらいました。

地域の人たちが一番気になっているのは都島区を通る地下高速道路淀川左岸線延伸部の建設工事寝屋川北部地下河川事業である。両方とも地権者がいない地下70mをシールド工法で堀りすすみ、左岸線は往路、復路があるため2本、地下河川は1本と、直径10メートルを3本もトンネルが造られ都島区の地下を通る。
画像

寝屋川流域は北と南に淀川、大和川があり、東と西側は、生駒山、上町大地で囲まれており、お盆のような水はけの悪い地域で水害に悩まされています。河川によって集められた雨水は京橋口(寝屋川橋)1カ所しかないためにポンプで排水しなけければなりません。(川より低い内水域です)

総合的な治水対策をどうするか、大きな課題でしたが鶴見緑地に立坑をつくり、地下河川にして最終点は都島区中野町から大川へポンプで排水するという大規模工事となります。「これは仕方がないわね」大阪平野の成り立ちから言っても、という意見が多いように思いました。

しかし淀川左岸線の延伸部工事については、自動車の走行数も減っており、いまさら高速道路がなぜ必要なのか、防災対策に使ってほしい予算を、ムダな大型公共工事に入れるべきではないという意見がありました。

これまで何も知らなかった人もあり、ビックリで皆に知らしていこうということになりました。
その他、日常的には1時間1本しかないバスの便、積み残しが出る京橋行のバス、シティバスとなり雇用状況も不安定な運転手をしている息子のこと、わが都島区の地質地図やハザードマップなども使うようにしたいなど震災問題も出ました。

最後にKさんが手作りの紙芝居、大阪城落城時の「おきくの冒険」を見せてもらい大阪夏の陣の悲しさと勇気に感動しました。内代1丁目は「京街道の道」もあり、隣の野江地域はいまだに大坂城を囲むように迷路のような地道が遺されています。この辺りも戦闘があったのでしょう。いつか歴史をたどって歩いてみましょう。
記事へトラックバック / コメント


「大阪北部地震と防災」学習会

2018/07/18 22:16
連日猛暑の危険すら感じられます。どうか体調の管理をしてくださいね。
豪雨災害被災地は猛暑でたいへんなことでしょう。
政府も国会を延長してまで「働き方」やカジノを強引に強行しようとしていますが、今は災害対策、防災対策を一刻を争ってやるべき仕事ではないのか。ほんとうに国民無視の政治に腹が立ちます。退陣に値する!
画像

昨日は「大阪北部地震と防災」の学習会が緊急におこなわれました。
最初に主催者の「原発・エネルギー・域経済研究会」から吉井英勝前国会議員からあいさつがあり、「災害が起きた時、日本の原発などエネルギーがどうなるか、考えられていない。地球規模の災害を考えなければならないときではないのか」と問題提起がありました。

田結庄良昭神戸大学名誉教授が6月18日起きた北部地震の写真を撮り、調査に入られた状況を生々しく伝えられ、大都市を襲った都市部直下の内陸地震の恐さがよくわかりました。13キロという浅い震源の地震で地振動があまり減衰せず地表に達するので大きな揺れとなったそうです。
画像
私たちが心配していた上町断層帯は平均活動周期が約6千年で、最近一万年間は活動が知られていないそうです。
しかし、震源の深さ13Kの所では上町断層の北東部となり、上町断層の関与が疑われる。地下で有馬高槻断層帯と交差する所で発生した可能性がある。南海トラフ地震が近づいている時期には内陸地震が活発になるのでは・・・・・。などぞーっとする話です。
画像

今回の地震による被害は、旧河道の古い木造住宅に家屋損傷、屋根瓦損傷などが多く、新しい家の被害はあまりなく、住宅格差が現れたのが今回の地震の特徴ということです。

講義の一端しか紹介できませんが、地質学者としての研究、行政への勧告がよくわかる内容でした。
質問もいっぱい出ました。こんどは都島区で田結庄先生〈タイノショウ〉を招いて学習会をやりたいと思います。その時にぜひご参加ください。
記事へトラックバック / コメント


鶴見区補欠選挙があります)^o^(

2018/07/17 16:56
地震・水害で大被害を出した西日本、この猛暑のなかで失意のどん底で立ちすくんでおられる皆さんに励ましの言葉も出ませんが、こんな時こそ国や自治体が、知恵と力をだしつくして救援に手をさしのべてもらいたい。

被災地の皆さん、全国が見守っています。共産党も震災に強い安心して暮らせる、街づくりに全力で救援に立ち上がります。

突然ですが、大阪市鶴見区の維新議員が辞職し、7月27日(金)告示・8月5日(日)投票で大阪市会選挙・鶴見区補欠選挙(定数1)がたたかわれます。選挙は日本共産党、自民党、維新の3党が1議席を争うことが予想されます。

共産党は北原洋子市政対策委員長、党城北地区副委員長を擁立してたたかいます。
北原さんは、これまで小選挙区6区候補者として、鶴見区の市会候補者として住民とともにたたかってきた、でっかいハートのイキイキ元気な候補者です。
画像

地区委員会の職員でもあり、わたしの後輩でガンバりやさんですが、あの細い体で4人の子どもを産み育てたことは賞賛に値します。どんなときにも前向きで、明るく、住民とともに要求実現運動にとりくみ、市民と野党の共闘をひろげる努力をしてきました。

一度地方選挙でしたか、応援演説に招かれた時に彼女の演説を聞きましたが、ゼスチァが大きく、面白いな〜と思ってお聞きしました。体ごとぶち当たってくるようです。

今回は国民の怒りであるアベ政権への痛打を鶴見区から起こすチャンスです。国民を無視し、森友・加計加計問題をウヤムヤニし、会期延長してまで「働かせ方改悪法」「カジノ実施法案」など稀代の悪法を成立させようとしている時、「アベ辞めろ」の声と政治を国民がとり返すチャンスでもあります。

また「維新政治」で痛めつけられ、3年前に住民投票で決着のついた都構想住民投票を再度やろうとしている企てをきっぱりNOといえる選挙でもあります。来春のいっせい地方選挙のくらし第一の大阪市をつくるチャンスです。

住民の声の通るまっとうな政治の実現に、がんばっていただきたい、猛暑のなかですから体調管理をくれぐれも気をつけてくださいね。
記事へトラックバック / コメント


緊急学習会『大阪北部地震と防災』

2018/07/16 21:19
原発・エネルギー地域経済研究会主催で 『大阪北部地震と防災』学習会が行われます。
地質学などを研究されている田結庄良昭神戸大学名誉教授が、今回の大阪北部地震についても研究され、住民の命と財産を守るために、来るべき南海巨大地震に備えるためにも緊急学習会をします。

明日になり申し訳ありませんがご参加よろしくお願いいたします。
都島区でも開くことができるようにしたいと思います。
画像
記事へトラックバック / コメント


日本共産党創立96周年記念講演

2018/07/15 21:29
きょうは日本共産党が誕生して96年目の記念日です。(1922年7月15日創立)
先日東京で開かれた日本共産党創立記念講演があり、南北・米朝会談で戦争と敵対から平和と繁栄への新たな平和プロセスのなかで、志位委員長の報告はいま「日本共産党の綱領がおもしろい」と力溢れるものでした。

朝鮮半島での平和の構築、半島全体での平和体制の構築、67年続く朝鮮戦争終結への展望が示され巨大な一歩が踏み出されました。こうした激動の情勢の中で、日本共産党はかねてより北東アジア平和協力構想の提起をしてきましたが、こうした構想が現実のものになる可能性が大いにあるのではないでしょうか。嬉しいことです。
画像

画像

各界からほんとうにあたたかいお祝のお言葉が寄せられています。神戸女学院大学名誉教授の内田樹氏のお言葉の一端をご紹介します。

「日本共産党は東アジアで最も歴史の古いインドネシア共産党が1920年創建、次が中国共産党21年。日本共産党はそれに続く東アジア最古の共産党。その歴史のなかに置いてみるとマルクス主義(科学的社会主義)をかかげる政党が国会や地方議会に安定的な議席を有している日本の例外性ににはもっと驚いていい。

日本でも「マルクス主義者である」と名乗ると周囲に感情的な反応を起こすことがあるが、韓国や台湾、カンボジャやインドネシアでそのような名乗りを口にすることは相当のリスクを覚悟しなければならない。

日本ではマルクス主義者として市民社会を生きることが可能であり、マルクスについて自由に学び、語ることが
できる学問的環境が整備されている点で、日本は例外的な場所である。

この環境は何よりも過去100年の日本のマスクス主義者たちの知性的、倫理的な努力がもたらた成果だ私は思う。先人たちからのこの贈りものに対して、私は深甚な感謝の念を抱いている。日本共産党もこの点について私からの謝意を受け取ってほしい」と。(7・11赤旗より)


客観的によく見ておられるな〜なかなかおもしろい。感謝です。 

記事へトラックバック / コメント


♪和太鼓をやりませんか♪(*^。^*)

2018/07/14 22:14
何という暑さでしょう!地震、豪雨、猛暑と自然の恐ろしさを立て続けに受けました。
きょうも外へ出ることも躊躇するような36℃以上の暑さでしたが、声かけ合って、和太鼓のレッスンに。

伝統の民族芸能をうけついで芸を極め、全国に巡回されている友人の「若駒」さんのおすすめもあり、「和太鼓小組」を新婦人で立ち上げました。

まだ4回目ですが、チラシなど見て「やってみたいわ」という女性たちがきょうは8人も揃いました。
お互いに体を動かし、リズムをとって太鼓をたたくというおもしろさに汗だくだく
防音装置はありますが、ご近所に音が漏れないよう太鼓を包んでいるのです。
画像

長い人生の初体験ですが、健康が何より、ストレスも発散、笑顔でレッスンできます。
若駒の若い幹部のみなさんも、にこにこ、のびのびとコーチしていただくので若返ります。
嬉しいことに、きょうはお二人の方が新婦人の会に入会していただくことになりました。

新日本婦人の発展は勿論、創立50年を迎える若駒の今後のご発展を願っております


夜は地域の都島平和地蔵講の会議があり、班長の1人として参加。7月より寄付集めや現場の担当などあります。
記事へトラックバック / コメント


年金削減は憲法違反!

2018/07/13 21:11
年金者組合都島支部は大阪府本部より講師を招いて、年金学習会を開きました。2012年年金削減の法律が強行され、今年2018年4月から、マクロ経済スライドと怪しげな横文字つかって、2・5%の年金自動引き下げが行われることになりました。

今後30年間で30%のダウンだそうですから、今の年金受給者はちろんですが、若い人たちが大きなダメージを受け生存権を奪われる大問題です。世代間の公平性、持続性はまやかしであることがわかります。

年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が管理している積立金は137兆円もあり、株価つり上げのため、株式運用比率を倍増し2015年から16年にかけて10兆円もの損失をだしています。

マクロ経済スライドの名目で「年金削減は許さない」と全国年金者組合が国を相手に年金引き下げ違憲訴訟に立ち上がっています。全国43道府県で4656人が提訴し37地方裁判所で裁判がすすめられています。
署名運動も大きく広げましょう。世界でも日本の高齢者は生きていけなほど冷遇されています。

学習のほんの一部を画像でご紹介します。クリックして見てください。
画像
画像

画像
画像
記事へトラックバック / コメント


西へ東へ多忙〜

2018/07/12 20:41
午前中は都島平和の会の総会まとめと今後のことを討議しました。
憲法9条改悪反対3000万人署名はまだ1500万人ということですが、総会会場でも発言があったように、最終期限をを9月末に延ばされたので街頭にも出てやり切れるようがんばろうということです。

第5回都島平和シアターは『コスタリカの軌跡』をとりあげることになりました。多くの人に見ていただきたい。
毎年やっている『平和のつどい』の準備も始めたいので実行委員会を開くことになりました。
画像


 午後は第5回おしゃべりカフェを内代支部で開きます。案内チラシをもってお誘いにまわりました。
最近よく訪問するせいか、どこでも愛想よく歓迎していただきます。
淀川左岸線延伸部工事の件や、地下河川建設工事のことはほとんど知られてなくびっくりされます。

いよいよ夏に向けて忙しくなります。

蒸し熱い独特の天気で、何とも言えない暑さですが、みなさんどうぞ、体調には気をつけてください。
記事へトラックバック / コメント


大災害よりカジノが優先なのか?

2018/07/11 21:51
平成になっての豪雨大災害、10日、与党は参院で被災地の惨状をよそに、カジノ実施法案の委員会審議を強行しました。多くの死者や行方不明者、家もなくなり食や衣類もないないなかで苦しんでいいる被災者審議を放り出してカジノに熱中している。まさに政府与党はカジノ中毒になっているのでは・・・・・・けしからんことです。

どの世論調査もカジノ実施法法案の今国会成立は反対が多数です。「人命とギャンブルどっちが大事やねん」
石井国交相は発生から6時間たってもリアルに情報をつかんでない、首相官邸の初動が遅かったことも問題視されています。

首相は「世界最高水準のカジノ規制を導入した」とお題目をくりかえしていますが、同法案のカジノ規制なるものは、週3回72時間連続のカジノ入り浸りを容認するという、まさにギャンブル依存症拡大ではないですか!

カジノ事業者が客に賭博資金を貸し付ける問題、海外カジノ企業の要求で緩和された面積規制、独立性を保てず「推進機関」となりかねないカジノ管理委員会、中身を提示できない「経済効果」など新たに浮かび上がった大問題に政府は答えられません。
画像


最悪の賭博場カジノがこのまま開設されれば、国民のくらし、子どもたちの未来に大きな災難が降りかかるでしょう。バクチで日本の成長はできません。長年日本は刑法で賭博を禁じた国です。

国民の苦しみを無視して、国会を延長し1片の道理もないカジノ実施法強行はやめるべきです




記事へトラックバック / コメント


監視カメラについて

2018/07/10 22:53
共産党の生活相談所には、ちょっと教えてということから、生活や住まい、環境、税金、病気、社会保障関係の相談など多様です。出入りする人が「なんやあれ?」「共産党の相談所に監視カメラがあるなんておかしい」「出入りする人の写真を撮られているのではないか」「気楽に来られへんな」「事務所をどこかへ移転セナあかんな」とか怒りと心配があります。

今年の年明け早々事務所の上に「防犯カメラ」が、設置されており誰がつけたんやと大騒ぎになりました。
区役所へ聞くと「区役所、町会、警察が相談して15カ所に子どもを犯罪から守るため、通学道路を中心に設置すした」。ということで再びびっくりです。

この地域は子どもの数がすごく少なく通学道路もどこかわからないくらいです。
最大の問題は公党の頭の上に「誰に断わってつけのか」です。聞くと答えられません。

大阪市の「防犯カメラ設置及び運用に関するガイドライン」によると「カメラ設置に当たってはあらかじめ防犯カメラが設置されていることを周知するとともに・・・・・」とあります。問答無用で設置したのか、すぐに取り外せ!と。
何度かの話し合いの結果、今年度設置個所に取り換えますという答えです。わかればいい。早くしてほしいと伝えています。

勿論カメラは動かしておりません。「調整中」となっているので早く移動してほしいです。みんなが心配し気味わるがっています。
画像


人にはみだりに容貌の撮影をされない自由、みだりに私生活に関する情報の収集または管理されない自由、政治活動の自由、その他の国民の自由と権利を権利を保護することが求められます。

憲法13条には(個人の自由)
「すべての国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする。

すばらしい憲法のもとで一人一人は守られているのです。秘密保護法や共謀罪など憲法違反の法律が強行成立されているキナ臭い時代、役所はもっと時代の流れを感じ取ってもらいたい。

維新市政の大阪市は職員の思想調査で敗訴しました。職員の入れ墨、ひげ裁判は継続中です。
市民の権利、職員の権利を守るために敏感になってくださいよ。
記事へトラックバック / コメント


「平成30年7月豪雨」被害は広がる

2018/07/09 21:40
一夜明けるごとにその被害の大きさはたいへんなことだ。
13府県、死者119人、行方不明100人、「大雨特別警報」は8日午後までに解除されたが、被害の全容はまだわからない。
画像


私達夫婦の郷里は広島、愛媛であり9日午後0時、広島は死者44人、安否不明48人。愛媛は死者23人、安否不明3人(毎日)で最も被害が大きい県になった。

お互いに心配し連絡したが、両家とも、家の被害もないようですが、愛媛の方は宇和島地方が一夜500oを超える大豪雨で松野町の親戚も床上浸水や家屋の崩壊などあり、弟は食料や日常品の差し入れとお見舞いに駆けつけたようです。私が生まれた150年以上の大きな古屋は大丈夫とのことで、その力に驚きます。

愛媛大洲市に肱川が瀬戸内海まで103`の川が流れていますがまさかの氾濫で被害がおおく出ました。
友人に電話してもつながらず心配です。
画像


余談になりますが人の肱が折れ曲がるように流れているためこの名前がついています。ここは有名な「肱川あらし」が発生する所です。多くにカメラマンもその時期に肱川へ来ます。幻想的な冬の風景です。

上流の大洲盆地で発生した霧が川を下って河口の長浜町をスッポりと肱川あらしは、冬に発生、自然がつくり出しためずらしい気象現象です。その川が氾濫したのです。テレビではものすごい濁流となって家をひっくり返していきます気象庁はこの大雨を「平成30年7月豪雨」と名づけたようです。
記事へトラックバック / コメント


都島平和の会第2回総会

2018/07/08 21:52
停滞する梅雨前線の影響による記録的な大雨は西日本を中心に降り続き、死亡者、行方不明者を130人以上も出してしまう大災害になった。倉敷・真備町は川が氾濫し、町の4分のTが水没。

一刻も早い救援とお見舞い、ご冥福をお祈りいたします。

大阪は幸い忘れていた太陽が昇り、洗濯もできました。
午後から、都島平和の会第2回総会が開かれました。皆さんお元気で総会に参加していただきました。
来賓からご挨拶を受けました。市政対策委員長鳥居さとしさん
画像

記念講演は大阪平和委員会理事長 近藤正さんが「憲法9条を掲げ非核と平和友好の北東アジアを」と題して行いました。世界は核兵器禁止条約の採択、南北首脳会談、「朝鮮半島の非核化」「年内の朝鮮戦争の終結」などについて詳しく述べられました。
画像

活動報告と方針の提案、質疑と討論をおこない、新役員の選出を行いました。
画像
画像


激動的な一年のなかで、都島平和の会が誕生したことはこれからの活動に大きな弾みがつくのではないでしょうか。がんばりがある新しい年度を迎えます。
記事へトラックバック / コメント


西日本豪雨死者・不明者多数!

2018/07/07 22:05
大阪もこの5日間豪雨が休みなく降り続き、不安な毎日です。
テレビで刻々と被害状況の報道が続く。西日本と四国、九州北部を含め、恐ろしい現実を突きつけられる。
被害にあわれた方のお見舞い、ご冥福を祈ります。(画像はNHKより)

そして一刻も早く助けてほしいと思います。
画像
 (京都)

画像
 (倉敷真備町)

画像
 (倉敷真備町)
かってない大規模な豪雨災害ではないでしょうか。3日の晩、古びた小さなわが家が濁流で壊される夢をみたが、正夢になった。

今回の大雨は西日本から東日本にかけて活発な梅雨前線が長期間停留したことでおきた。東シナ海で発達した雨雲の塊から大量の水蒸気が流れ込んだことも重なって各地で激しい雨が長く降り続いていることが考えられると解説されている。がともかく早く日本から去ってほしい。

豪雨の爪痕はすさまじい。今後も被害が出るのではないか心配です。
午後8時半ごろ、千葉県東部で震度5弱の地震も発生した。
今夜は子どもたちが待っている七夕の夜なのです。
記事へトラックバック / コメント


文科省局長逮捕

2018/07/06 20:02
文科省の前科学技術・学術政策局長佐野太容疑者が4日、受託収賄の疑いで逮捕されました。
いまや地に落ちた文科省、酷い話じゃないですか。国民や子どもたちになんと説明するのか。
国の補助金を支給することと、引き換えに、息子の東京医科大学入試の加点をして入学させたのです。

こんな醜い取引聞いたことがありません。


事業名は「私立大学研究プランディング事業」というそうです。大学の特色ある研究をうちだす私立大学を重点に支援するとして、1校当たり年2〜3000万円、最大5年補助するということです。

便宜を図ったとされる東京医科大学は、17年度に188校から支援対象60校に選ばれました。
選定方法は書類審査のみで、審査員の評価の学問的裏付けが不透明と以前からいわれていました。
画像
     (広島平和資料館前の噴水)
佐野容疑者が東京医大側から事業の支援対象に選ぶよう依頼を受けたのは昨年5月。モリカケ疑惑が大問題になっていた時期です。

国や財界の望む大学改革にとりくむ大学にだけに補助金をだすのですか。
大学は競争的な資金の獲得のため、財界や文部省の言いなりになっていいのでしょうか。
学問の自由、大学の自治を保障する真の改革が求められます。

受託収賄があった時期も、林文科相の在任中で監督責任がとわれるのに「誠に遺憾」と人ごとみたいにしているがあなたの責任でしょう。、それで済まないよ。

佐野容疑者の任命は内閣人事局が関与しており、アベ首相はじめ内閣全体に任命責任があるのではないか。
国民の声を何とも思わない内閣の責任を強く求める。



記事へトラックバック / コメント


大雨洪水警報に気をつけましょう。

2018/07/05 21:41
昨夜は猛烈な雨量で、その音に目が覚めた。しばらくして、わが家の壁から豪雨が沁み込み溢れだした夢をみて”お父さ〜ん雨が壁を破ってこの部屋に流れ込んでいるよ〜!と寝言を言ってしまった。

大阪市は大雨洪水警報が出ています。北部大阪、東部大阪など大阪全体、兵庫県も大雨に巻き込まれ、京都は避難勧告もでています。皆さん情報に注意して、どうぞ気をつけてくださいね。

きょうは支部の会議を行いました。淀川左岸全延伸部、寝屋川北部地下河川の建設が地下80mの大深度方式で工事をやられることがわかり、3本の巨大トンネル(直径10メートル以上)が都島区内を走る。だいじょうぶと言えるだろうか、強い地震の恐怖は消えない。

あちこちで「どうなってんねん?勉強会」を開くことになった。また都市計画道路の下を大部分は、通るが民間人の家の真下を通る場合も都島区はある。調査のため訪問も必要だ。
工事災害は、まず人間の命が第一だ。「大丈夫です」では安心できない。

住まいを探さねばならない高齢者の生活相談もあり、小雨の中物件を探した。
終の住まいを慎重に探したい。

宿題の俳句の選句も終わった。平和の会総会の準備もなかなか忙しい。雨が止みますように。
画像</div>      ≪夕刻のテレビ報道≫
記事へトラックバック / コメント


原水爆禁止国民平和大行進に参加

2018/07/04 22:48
朝は雨でしたが、次第に晴れ間がでてきて来ました。
東京から出発した原水爆禁止国民平和大行進が住吉区役所を出て都島区役所に到着し、旭区役所のウラの公園まで行進です。毎年参加しています。傘は用意しましたができるだけ身軽にして5時まで行進しました。

今年の世界大会は核兵器禁止条約の成立南北・米朝首脳会談の開催という歴史に刻まれる画期的な出来事で「核兵器のない世界」と、非核平和の北東アジアと日本にとって大きな歴史的チャンスとして開かれます。
8月2日から世界大会が開かれる広島にむけてこの行進は続きます。
画像

都島区に到着した行進は、よく氷で冷えたお茶をで一休みしました。
突然私も平和の会代表として挨拶せよということで1分も考える暇がありませんでした。
行進の速度は速く、うたごえの部隊が、よく通るいい声で歌われており、私もマイクが回り「青い空」を歌いましたが、速足で歩き歌うというのはなかなかのことですね。
画像
 (都島平和の会のハタもひるがえっています)
画像
沿道の人々はあたたかい拍手を送ってもらいました。
フィリピンからの参加者や「通し行進」参加者を讃える拍手で、今日の行進は元気に終わりました。
1人で参加した民商会員さんに久しぶりでお会いし、平和の会に入会していただきました。


これからの行進は梅雨と炎天下で疲労されるでしょうが、体調にお気をつけてくださいね!
記事へトラックバック / コメント


「都」構想住民投票断念を

2018/07/03 22:00
大阪市を廃止して特別区に分割する「大阪都」構想の制度設計を再び話し合うとして第13回大都市制度協議会が、2日大阪市役所で開かれました。
日本共産党の山中智子市議は「都」構想の「特別区」設置にともなう初期コストなどについて、質疑しました。

大阪北部地震を受けて震災に強いまちづくりなど住民の安全・安心のために力を注いでほしいという、願いが増す中で、こんな制度いじりをしている場合ではないと指摘。住民投票はきっぱり断念すべきだと迫りました。
画像
 (葉がでてきたイチジクの苗木)
党市議団の「特別区」を中核市並みの基礎自治体とすることを前提にした、党市議団の試算を提出し、「特別区」素案では585億円の初期コストが859億円になると指摘。

「中核市並みであれば当然これだけコストがかかる、コストのほとんどを『特別区』がねん出しなければならず、住民サービスへのしわ寄せということになる」とのべ「市民はそんなことのために税金を払っているのではない」と批判。

現市庁舎を使う区や、新たに庁舎を建設する区など「特別区」間のコストのアンバランスに加え、自主財源(税金)の多い区が均衡を図るため財政調整の結果、歳入が最小になるなど財政面でも矛盾が生じる」と。

「それぞれが独立した基礎自治体になるのに、自主性も独立性もない。莫大なコストをかけて分割する意味はない」と「都」構想に反対しました。そのとおりです!(赤旗より 7・3日)

北部地震で大変な事態の時、よ〜こんな議論をしているな〜市民は怒っています。市民の安心安全の防災第一にやることがどれだけあるかわかっているの?

記事へトラックバック / コメント


「残業代ゼロ制度」(高プロ)廃止しよう!

2018/07/02 22:29
日本共産党の志位和夫委員長は30日、来年の参院選、統一地方選での躍進をめざして行った千葉県船橋市内の演説で、自民、公明、維新が成立を強行した「働き方改革」一括法の柱である「残業代ゼロ制度(高度プロフェッショナル制度)」の危険性を指摘し、同制度の廃止へ新たなたたかいを呼びかけました。
画像

                          (写真)訴える志位和夫委員長=30日、船橋市

 志位氏は「『高プロ』は労働時間規制を取り払ってしまうという『異質の危険』をもっています。放置すれば労働法制は土台から崩壊することになります。強行されたからといって、そのままにはできません。『高プロ』=『残業代ゼロ制度』の実施を許さず廃止にする新たなたたかいを起こそうではありませんか」と訴えました。

 また、同一括法が、労働時間規制をなくし、残業代ゼロ、過労死を促進するものだと述べ、過労死家族の会が「過労死が確実に増えてしまう」として座り込みまでして安倍晋三首相に面会を訴えかけたものの、首相が最後まで応じなかったことを厳しく批判。「過労死家族の会のみなさんは、『高プロ』の危険性を訴え続けるという決意を語っておられます。引き続き力をあわせてたたかっていきたい」と表明しました。

 志位氏は、政府が「高プロ」の対象となる年収要件を「1075万円以上」としているのに対して、同制度を要求してきた経団連のもともとの提案は「400万円以上」だと指摘。産業競争力会議の民間議員の竹中平蔵氏が「小さく生んで大きく育てる」とあけすけに狙いを語っていることをあげ、いったん導入されれば年収要件が引き下げられる危険性を告発。「この危険を大本からとりのぞくには、『高プロ』制度そのものを撤廃する以外にありません」と強く訴えました。(赤旗7・1より)
記事へトラックバック / コメント


桐谷健太:キリマンジァロ初登攀)^o^(

2018/07/01 21:52
きょうから7月、長い夏が始まる。
私のつたないブログも毎日300〜450の閲覧がある。6月合計、9916の閲覧があり毎月高いアクセス数に心から感謝します。時間がなく、お返事ができなくて申し訳ありません。

さて昨日俳優桐谷健太氏の父上に生協総代会でお会いし、健太君がVS3で『桐谷健太 熱帯の氷河キリマンジャㇿを挑戦』に出演されることをお聞きし、テレビに首ったけとなりました。感動をお伝えします。

キリマンジャロは、アフリカ最高峰ケニアのナイロビ南にあり、5895mと氷河をまとい聳え立っています。
酸素も5000mとなると半減し、天候も急変し、死に至る高山病も襲います。はたして登頂はできるのか?

山の麓はサバンナ地帯で動物がのびのびと生きています。野生動物の楽園で、最近観光客もふえたとか。
しかし地球の温暖化はキリマンジャロにも忍び寄っています。

キャンプ地を数カ所つくり、随行員も大勢で食料もたいへんです。
画像

                                         (黒牛が放牧されています)100年前は氷河が全体を覆い、今は縦縞模様に変化して、氷河の縮小が起きていることが伺えます。
画像

画像

さあいよいよ胸突き八丁きつい勾配との一歩一歩のたたかいです。途中で高山病になり下山を余儀なくされた編集長もありましたが、健太が登れるか。ドキドキします。どうしても頂上へ登りたい・・・・
3月20日午前0:27 頂上へ向けてキャンプ地を出ます。気温は氷点下8℃。
画像
やっと日の出前登頂成功!英語の看板には登頂者を讃える文字が!
画像

健太感動で号泣です。みんなでキリマンジャㇿを讃えるよろこびのダンスをしました。
画像

苦しんだ登攀からはるかキリマンジャロの頂上を見ると平らかで、美しくも悲しく氷が解けていく様が・・・・人類に必死で訴えている姿でもあります。桐谷健太さんの真面目で大胆なキャラが輝いていました。大阪からこんな俳優が出たことに誇りを感じます。
10月からNHKの朝ドラ『まんぷく』に出演するそうで楽しみです。
記事へトラックバック / コメント


<<  2018年7月のブログ記事  >> 

トップへ

上野とき子の街かどスケッチ 2018年7月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる