上野とき子の街かどスケッチ

アクセスカウンタ

zoom RSS 朝鮮半島の非核化・平和の構築を歓迎する集い

<<   作成日時 : 2018/07/22 23:19   >>

トラックバック 0 / コメント 0

猛暑のなか、中之島中央公会堂大ホールで「北東アジアの平和のために」と題して 9つの共催団体による講演会が開かれました。講演は康・宋憲(カン・ジョン・ホン)氏。

柔らかな物腰のやさしさに満ち溢れておられる康氏は、プロフィールを読んでもびっくりする経歴です。

在日韓国人二世。ソウル大学医学部在学中に国家安全法違反の容疑で拘束。77年死刑判決確定。82年無期無期懲役に減刑、88年仮釈放。89年日本に帰還し、同年韓国問題研究所を設立。

その後阪大大学院で国際政治学を学び現在早稲田大学アジア研究機構客員教授。多くの大学で日本国憲法9条を中心に平和学を担当。著書に「死刑台から教壇へ〜私が体験した韓国現代史」(角川学芸出版)


4月27日板門店宣言、6月12日の米朝会談を歓迎します。朝鮮半島に平和が訪れ、北東アジアに平和体制をつくり、将来的には朝鮮半島や日本の米軍基地撤去、非核地帯化に。日本国民自身が憲法9条を生かす対話外交と北東アジア平和の実現ももとめて開催されました。

画像


朝鮮半島の平和体制と日本の課題〜の章では、戦後日本の独立がいかに達成されたか。米軍の対日政策(再軍備)はいつ転換されたのか?朝鮮戦争での日本の対米協力(733個の米軍基地、約8千名が掃海に動員された)
51・9講和条約と日米安保条約、基地国家の実態、日米軍事同盟と平和憲法が同居する矛盾、
朝鮮戦争の停戦体制(53・7)に組み込まれた日本など、私達が深めていかねばならない課題を考えさせられました。70年におよぶ米朝・日朝の敵対関係改善には相互努力による信頼関係の構築、市民段階でも交流が必要ですね。

早速、ウツボ公園でのキャンドル行動が提起されました。韓国でローソク革命をしたローソク(電池)をいただいて帰りました。日本でもやろうよ.
画像

誘い合って大勢行きましょう!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

朝鮮半島の非核化・平和の構築を歓迎する集い 上野とき子の街かどスケッチ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる