上野とき子の街かどスケッチ

アクセスカウンタ

zoom RSS 文科省局長逮捕

<<   作成日時 : 2018/07/06 20:02   >>

トラックバック 0 / コメント 0

文科省の前科学技術・学術政策局長佐野太容疑者が4日、受託収賄の疑いで逮捕されました。
いまや地に落ちた文科省、酷い話じゃないですか。国民や子どもたちになんと説明するのか。
国の補助金を支給することと、引き換えに、息子の東京医科大学入試の加点をして入学させたのです。

こんな醜い取引聞いたことがありません。


事業名は「私立大学研究プランディング事業」というそうです。大学の特色ある研究をうちだす私立大学を重点に支援するとして、1校当たり年2〜3000万円、最大5年補助するということです。

便宜を図ったとされる東京医科大学は、17年度に188校から支援対象60校に選ばれました。
選定方法は書類審査のみで、審査員の評価の学問的裏付けが不透明と以前からいわれていました。
画像
     (広島平和資料館前の噴水)
佐野容疑者が東京医大側から事業の支援対象に選ぶよう依頼を受けたのは昨年5月。モリカケ疑惑が大問題になっていた時期です。

国や財界の望む大学改革にとりくむ大学にだけに補助金をだすのですか。
大学は競争的な資金の獲得のため、財界や文部省の言いなりになっていいのでしょうか。
学問の自由、大学の自治を保障する真の改革が求められます。

受託収賄があった時期も、林文科相の在任中で監督責任がとわれるのに「誠に遺憾」と人ごとみたいにしているがあなたの責任でしょう。、それで済まないよ。

佐野容疑者の任命は内閣人事局が関与しており、アベ首相はじめ内閣全体に任命責任があるのではないか。
国民の声を何とも思わない内閣の責任を強く求める。



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

文科省局長逮捕 上野とき子の街かどスケッチ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる