上野とき子の街かどスケッチ

アクセスカウンタ

zoom RSS 年金削減は憲法違反!

<<   作成日時 : 2018/07/13 21:11   >>

トラックバック 0 / コメント 0

年金者組合都島支部は大阪府本部より講師を招いて、年金学習会を開きました。2012年年金削減の法律が強行され、今年2018年4月から、マクロ経済スライドと怪しげな横文字つかって、2・5%の年金自動引き下げが行われることになりました。

今後30年間で30%のダウンだそうですから、今の年金受給者はちろんですが、若い人たちが大きなダメージを受け生存権を奪われる大問題です。世代間の公平性、持続性はまやかしであることがわかります。

年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が管理している積立金は137兆円もあり、株価つり上げのため、株式運用比率を倍増し2015年から16年にかけて10兆円もの損失をだしています。

マクロ経済スライドの名目で「年金削減は許さない」と全国年金者組合が国を相手に年金引き下げ違憲訴訟に立ち上がっています。全国43道府県で4656人が提訴し37地方裁判所で裁判がすすめられています。
署名運動も大きく広げましょう。世界でも日本の高齢者は生きていけなほど冷遇されています。

学習のほんの一部を画像でご紹介します。クリックして見てください。
画像
画像

画像
画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

年金削減は憲法違反! 上野とき子の街かどスケッチ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる