上野とき子の街かどスケッチ

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本共産党演説会開く

<<   作成日時 : 2018/06/09 22:34   >>

トラックバック 0 / コメント 0

昨夜の暴れ梅雨も晴天になり、ほんとうによい天気に恵まれました。
都島区では久しぶりの日本共産党演説会となりました。

お話は「淀川連絡線跡地利用をすすめる会」代表の藤原克己さんから、この間の運動を報告。2回の大阪市議会陳情と署名活動、代々、都島区長との懇談、課長との問い合わせなど行う一方、ビラ区作成し区民のみなさんにお知らせしアンケートも2回にわたって行い、区民の意見を吸い上げてきました。

そしてついに売却や賃貸などの課題をクリアして、西の駐車場を廃止し来年4月から90人の認可保育所をつくることになり、地元はいいことに使ってくれると大歓迎されています。東のゲートボール場も使えます。会として、区民の要求をしっかり受け止めてきました。鳥居さとし市政対策委員長も先頭に立ちがんばっています。

鳥居さとし市政対策委員長は維新の会が「都構想」をまたもや住民投票をやろうとしていることを、市民にとって地方自治を弱めることが目的で、財源が奪われ、全く利益にならないことを明らかにして廃止を訴えました。
画像

宮本岳史衆院議員も都島区は何年振りでしょうか、すっかり貫禄がついています。森友学園問題を最初からとりあげ、全国でも有名になり、当局からも恐れられています。

森友の国有地取引を巡って、財務省と国交省が会計検査院や国会をごまかし”口裏合わせ”をしていたことが、共産党が入手した政府の内部資料で明らかになりました。
国会対応の口裏合わせも露骨で私たちは憤懣やるかたない思いです。

宮本氏は「改ざんと隠ぺいのアベ政権はもはや一日たりとも政権を担う資格はない。ただちに総辞職すべきだ」「何の反省もない政権を国民のみなさんと一緒に打倒しよう」と訴え、大きな拍手がわきました。

氏いわく、共産党がなぜこうした政府の内部文書が入手できるのか、情報提供があるのか。論戦力抜群の共産党にもっていけばきっと明らかにしてくれる。絶対悪事を働かない国民を裏切らない党、権力と癒着のない党だ。そして提供者を守るという信頼があることです。

いまや辰巳孝太郎参院議員とはお互いなくてはならない国会の『相棒』と呼ばれていると笑わせました。
こんどは何年かぶりで辰巳議員にもお話が聞きたいです。2期目の参院選挙は来年7月ですから。必ず再選させなければならない。鳥居さとしは来年4月に今度こそ市会へ送ろうと、きょうは力のわいた演説会でした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

日本共産党演説会開く 上野とき子の街かどスケッチ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる