上野とき子の街かどスケッチ

アクセスカウンタ

zoom RSS 『福井地震』きょう70周年

<<   作成日時 : 2018/06/28 22:22   >>

トラックバック 0 / コメント 0

毎日が一面トップに70年前の福井地震アンケートで震源地は深度7相当の被害だったとする東大地震研究所が分析、その調査結果を発表した。

18日の大阪北部地震で都市の減災がクローズアップされ、同じ直下型の福井地震の分析は、今後の有用な資料となりそうだ、と。震度分布も従来の倍以上の545地点を初めて推定したそうです。

福井地震はM7・1の内陸直下型地震、死者は3769人、負傷者も2万人、阪神大震災発生まで戦後最大の地震被害とのことです。当時の貴重な写真が発表され、地震のすさまじさを伝えています。
画像
          (写真は毎日より一部です)
今回アンケートで2・3倍近い詳細な震度が判明したとのこと。やはり国の機関あげてこの大災害を調査し、今後の大震災に生かそうという努力はなかったのか、不思議に思う。

新婦人の会都島支部で戦後50年に女たちの戦争体験集を編んだ時に、「大阪での大空襲の被害に2回合い、戦後すぐに福井市に帰省したが、そこで福井大震災に会った。戦争と大震災に3度の大変な目に会った」と経験を語られた女性がおられた。

その時は私が口述筆録をしたと思いますが、もう80代半ばです。記事をもって行き、お話を聞きに言いたいと思います。



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

『福井地震』きょう70周年 上野とき子の街かどスケッチ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる