上野とき子の街かどスケッチ

アクセスカウンタ

zoom RSS 柳瀬氏証言ー記憶より記録!

<<   作成日時 : 2018/05/13 22:21   >>

トラックバック 0 / コメント 0

国会での証言、聞いていても胸が悪くなりますね。証言法に引っかからないのか。
柳瀬氏の醜い記憶より愛媛県のまっすぐな記録が正義であることは明白です。

10日、加計学園問題について国会の参考人質疑で、人の罪や責任の有無を巡って厳密な立証が求められる司法の世界からどう見えるのか。[毎日]が取材、報道の一部を。
ほんとうにそのとおりです。

「柳瀬氏の証言は法廷では到底通用しません」
「首相秘書官の職務権限や官邸という場所であったことを考えれば首相に命を受けた行動で会う側が首相に伝わることは当然で『報告せず、指示もない』というのは不合理な弁解です」


11日、中村愛媛県知事は名刺交換で受け取った柳瀬氏の名刺を公表し「いいかげんな証言をするから次々動かぬ証拠が出て矛盾が露呈する。首相の関与がかえって明白になった」と。ー愛媛県側はウソをつく理由がないー
画像


「首相案件」文書の追及を免れるための無理な弁解。何一つ事実を明らかにしなかった」「しっかり記録していた愛媛県に迷惑極まりないが、中村知事の参考人招致も必要だろう」

「丁寧な説明というよりのらりくらり逃げ回ろうとしているとの心証をもった」などなど・・・・

ウソをついて逃げ回る醜い政府の姿勢は見苦しく情けない、子どもたちや国民にどのような影響を与えるのか・・・・一日も早くウソつきアベ政権の退陣を望みます。

きょうは一日雨・・・美容院に行ったり、古代の歴史書を読んだりして静かな一日が終わりました。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

柳瀬氏証言ー記憶より記録! 上野とき子の街かどスケッチ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる